アンチエイジングの大敵、活性酸素とは?

Home / 未分類 / アンチエイジングの大敵、活性酸素とは?

アンチエイジングの大敵、活性酸素とは?

活性酸素は、身体やお肌を錆びさせて、老朽化させてしまう、アンチエイジングの大敵なのです。呼吸によって、身体に酸素を取り込んでいますが、その酸素の一部が活性酸素になってしまうのです。酸素が細胞に届けられるのと同様に、活性酸素も血液に乗って細胞にとどけられます。その届いた細胞の組織を崩していってしまうため、どんどん傷つけられ、細胞が傷んでしまいます。それがお肌の細胞だと、ハリや弾力を保っている、コラーゲンやエラスチンを破壊し、傷つけていくことでたるみやシワが進行していってしまいます。ただでさえ加齢とともに減少していくコラーゲンを、活性酸素によって破壊されると、さらに量が減ってしまいます。活性酸素はアンチエイジングの大敵の大敵といえます。